GREEから出会うのはメル友募集サイトや出会い系サイトで友達になる確率と同率のようです。

 

もともとがゲームが目的で友達を探すためにしているのではないので、戦いが終わってしばらくメル友としては続くけれども、すぐに終わってしまうメル友も多いのが現実です。

 

その中にはグリーというcmでもおなじみの携帯ゲームでの出逢いやメル友になってる人は多くいるようです。

 

グリーはゲームの種類が豊富で人と対戦したりタッグを組んだりする機会がとても多いので仲良くなりやすいのかもしれません。

 

コンピューターと対戦するわけではなく、人と対戦することはなかなか面白いものです。

 

携帯ゲームという事から、幅広い年齢層や幅広い人がチャレンジできる事から出会いの場も多いのかもしれません。

 

しかしグリーでの出逢いは、トラブルもあるのも現実です。

 

グリーをしてみようと思うなら、トラブル対策をする必要があります。

 

やたらと友達にならない、本垢のメルアドは教えないなど。

 

対策をした上でいい出会いがあります。mixiイククルなどのSNSも同様のように感じます。

 

出会える優良出会い系サイトランキング

 

友達申請は一回につき何人まで?

 

SNSで友達になって欲しいとアタックする場合に、一回につき何人くらい応募するのが妥当でしょうか。

 

数打ちゃ当たるではないですが、ひっきりなしに応募するのは大変です。

 

なので、男性側は平均して一回につき4〜5人にメールの申請をしています。

 

だいたい反応が出る人数はその日によっても様々ですが、返ってきて1〜2人くらいだそうです。

 

そのうちに合わなくなったりして、切れてしまったりするので、毎日それくらいの人数を送って、その中から何人かに絞っていって最終的にどれくらい残るか、という話です。

 

なので実際に会って話をする段階が目的の人には大変な作業になるかもしれません。

 

メールのテクニックなどを持っている人は一年で100人くらいのメール友達を抱えている人もいました。

 

でも実際に求めている友達がそういった「数」でないならば、地道に自分と気の合う人を探していくという事が必要です。

 

一日3人でも30日で90人ですから、それはそれは、かなりの量になるので、結局数を打ってることにはなるんですけどね。

 

GREEの場合ですとドリランド内などで、遊んでいるうちに仲良くなることもあるようです。