結婚する相手との出会いのきっかけとして、同じ職場だったという例はとても多いですよね。

 

反対に学生時代に付き合っていた恋人とは、社会に出るとなんとなく疎遠になってすれ違いが多くなって別れてしまうことが多いですよね。

 

その点同じ職場で働くと、同じ仕事に取り組むことで連帯感が生まれやすいですし、学生時代とは違った見方で相手を見ることができます。

 

それに社会人になると、一気に結婚が現実に迫ってきますよね。

 

このように職場は実は一番の出逢いの場なのです。

 

社員の士気に関わりますので、社内恋愛を公に推奨している会社は少ないと思います。

 

しかし、かといって社内恋愛を禁止することは誰にもできませんよね。

 

要は公私のけじめをしっかりとつけることができれば良いのです。

 

職場は仕事をしに行く場所ですから、出会いのためだけに力を注ぐのはナンセンスです。

 

仕事はきちんとこなしながら、結婚相手としてふさわしい相手を見極めるチャンスを逃さないようにしましょう。

 

そのためにも普段から、職場でも多くの人と話す機会を持ち、飲み会などの付き合いにも積極的に参加するようにしましょうね。

 

参照:結婚報告・入籍報告の基本ルール<上司・同僚&親>
関連ページ:年齢別婚活状況

 

上司に紹介を頼んでみる

 

彼氏彼女や結婚相手を探す時に、知人に紹介をお願いする中で、一番堅いと思われるのは自分の上司に依頼する方法です。

 

上司の立場なら可愛い部下から頼りにされれば悪い気がする人はいないでしょう。

 

もしあなたの上司が、尊敬でき尚且つ信頼できる方だったらためらわずに紹介をお願いしてみるというのも良いでしょう。

 

普段から仕事が終わった後に飲みにいったり、プライベートでも交流のある上司の方ならばあなたの人となりにも詳しいでしょう。

 

また、異性の好みも、結婚相手に望む条件も知っているかもしれません。

 

しかし、大抵はあなたからこのような人が望ましいのですが、と情報を与えないと上手く行きません。

 

こういった条件を伝える際も、仕事以外でお願いをすることになるのですし、決して失礼のないようにしてくださいね。

 

上司にあたる方は自分よりも人生経験も豊富ですし、客観的に見て自分にふさわしいと思う結婚相手を紹介してくれる確率が高くなります。

 

ただし、実際に紹介された時に、どうしても乗り気になれないときもありますね。

 

その場合は、今後の仕事に支障が出ないように、対処の仕方を慎重にしなければならないことは覚えておきましょう。