選んでもらえるファーストメール

 

 

メールを送る時、相手はたくさんのメールを受け取ってるので返事を必ずもらえるかどうかわかりません。

 

全員にメールを返すほどマメな人はそういないでしょう。

 

その中で厳選されないといけません。

 

その初めてのメールを送る時に選ばれるメールはどんなメールでしょうか。

 

まずは件名にインパクトがあるものを使う事です。

 

迷惑メールと間違われないようにするんですから、それはもう色々考えていけばいいでしょう。

 

「はじめまして」などの普通の件名はみんなが使ってるから目立たないですよね。

 

他には最初のメールで自分の自己紹介をすると思いますが、その内容も早く会いたいなどという下心丸出しの文面でなく、自分の普段の生活についてかいてみたりしましょう。

 

そして最後がポイント。

 

最後を疑問文にするのです。

 

「単純に言えば趣味はなんですか?」のような。
相手が答えやすいたわいもない質問文の方が警戒心が少なくなっていいです。

 

 

好印象なファーストメール

 

最初のメールの書き方をもうひとつ。

 

まずはちゃんと相手の名前を入れてみると好印象。

 

コピペでたくさんの人に送ってないという事がわかるだけでも安心です。

 

相手のプロフィールについて触れて書いていくといいです。

 

また最初に電話番号などを聞いてしまうとng。

 

まずは友達やメル友になってもらう事を目的にしているという事を強調していきましょう。

 

また自己主張でマニアックなものを書くのはやめましょう。

 

そうするとたいてい人は引きます。

 

同じ趣味でもかなりマニアックになると引くんですから、引かない程度に自分と同じ趣味という事について述べておくといいかもしれません。

 

また、自分の不幸話を淡々とのべて、さみしいという事を強調する人もいますが、これは絶対にng。

 

頭が悪いと思われるだけでなく、マイナスイメージを強調するだけです。

 

あくまでも信用されるように書く事がコツですが、自分を見てメール申請してくれるという事が分かるように工夫して書きましょう。

 

好きな人を落とすメール術

 

 

メールを送る時は最初が肝心

 

 

サイトに登録してメールを送る時、一番やってはいけないことは自己主張の強いメールや相手に伝わらない、いわばテンプレートを使っているような普通のメールです。

 

例えば、「普通のサラリーマンです。よかったらメール下さい。」みたいなもの。
魅力を何も感じません。

 

「もしよかったらメール下さい」のみは一番よくない例でよくあげられますね。

 

あと「待っています」みたいなのも。別に私じゃなくてもいいんじゃ?

 

という疑問を置くようなメールになってしまいます。

 

本当に友達やメル友になってほしいと思うなら自分のプロフィールをしっかり書くこと。

 

所在、自分が探している条件など。

 

だからあなたを選んだんですという事。

 

またその掲示板を見た時の相手の印象など。

 

なるべく短めに細かく自分の伝えたいことを細かく。

 

そうすると相手は自分を選んでくれた理由が明確になり、気になってくるのです。

 

さらに絵文字をバンバン使うのは引かれる場合が多いですが、少しは使用してみると親近感がわくようです。

 

出会える優良出会い系サイト情報
関連ページ:ネットで出会えるおすすめ婚活サイト比較

 

 

女性がメールをもらえる文章

 

男性受けするメールの文章例は簡潔に「寂しいからメル友になって下さい」なんて言うと男性は結構メールをくれるようです。

 

やけにかしこまって書く人はメールの数が少ないです。

 

男性はとりあえずメールをくれる人を確保したいので、長い文章を読んで、ややこしい事を面倒くさいと思います。

 

だから、短く「この子は今さびしいからメールをくれるかもしれないな」なんて思ってメールをくれるのです。

 

必要とされていれば、それは自分がって誰でも思いますよね。

 

なるべくシンプルに、自分を飾らずにメールをするとメル友になる率が高くなるということです。

 

変に写真を貼ったり、絵文字を使うよりも簡単でメールをもらえると言えます。

 

自分の感情を簡単に表現するといいようです。

 

女性は女性同士のメル友を探す傾向もありますが、そういった場合はきちんと自分がなぜメル友を探しているのかプロフィールを書くことが大切。

 

「会う事を目的にしていません」これで変なメールが少ないはずです。

 

 

 

メル友作り失敗談

 

メル友を探していて失敗談、よく聞きます。

 

もしこれからメル友を探そうと思っている人、ぜひこんな失敗はしないでください。
「フリーのメルアドにしなかった」

 

これは結構パソコンに詳しい人なら所在もわかっちゃって被害を受けた人もいるみたいです。

 

全員がそうではないですが、対策としてフリーメルアドを作りましょう。

 

「名前を付けて返信」メール機能に自分の名前をメール先に伝えるというのがありますが、それをわざわざつけて、返信してしまうと、本名が分かってしまいます。

 

i-phoneもそう。気を付けてください。

 

「たくさんの人に申し込みしすぎて誰が誰だかわからない」

 

送りすぎて誰に何の内容を送ったのかわからなくなり、噛みあわないメールのやり取り。
相手は不信感をもって音信不通。

 

初めは少しずつ送ることをお勧めします。欲張りはよくないですね。

 

初めてメル友を作る時には色々な失敗も付きもの。失敗するのも勉強とはいいますが。
なるべく危ない道は渡りたくないものです。

 

フリーで使えるアドレスをいくつか挙げておきます。
24時間だけ使えるようなやつもありますのでぜひご利用ください。

 

フリーで使えるメルアド一覧

sute.jp24時間だけ有効なメルアドを取得可能
クイックメール登録不要・即時に無料アドレスを発行できる
ZohoMail 学習型の迷惑メールフィルターが使用可能
エキサイトメール検索で有名なエキサイトが運営しているメールサービス
Yandex.Mail 指定時刻での予約メールなどが可能